2023年01月30日

1月30日(月)北川村

まずは椿展のお知らせです。北川村野友(のとも)地区の橋本椿園で現在、
第4回椿展が開催されています。 園内には約370種類の椿が
植えられていて、日本に生息する「ジャポニカ種」だけでなく、
バラやカーネーションのように見える華やかで大ぶりな「洋種」など
貴重な品種も見ることができます。 品種によっては開花時期が異なりますので
ご注意ください。園内は地面が土となっていますので、
汚れてもいい靴でご来場ください。
椿展は3月26日(日)までの土日祝日のみ開催となります。入場は無料です。
詳しくは橋本椿園、電話090−5912−6608
問い合わせ時間は午前10時から午後5時となります。

続いて月に一度の「きたがわマルシェ」開催のお知らせです。
2月のマルシェは2月19日、日曜日に行われます。
地元で採れた野菜や、柚子酢がきいた田舎寿司、手作りのパンやドーナツ、
お漬物など北川村の新鮮なもの、旬のもの、美味しいものが並びます。
マルシェの開催場所は、高知信用金庫「奈半利支店」東隣。
時間は、午前8時半からお昼までの午前中で、商品が無くなり次第終了となります。
人気の商品はすぐに売り切れてしまう場合もございますので、
お早めにお越しください。
posted by hi-six at 00:00| 北川村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月26日

1月26日(木)津野町

高知の名物「田舎ずし」。 この名前を最初に全国へ広めたのは、、、
実は津野町・久保川地区のおばちゃんたちなのです。

ことのはじまりは 1986年に「全国ふるさとおにぎり百選」という全国コンクールに
久保川生活改善グループが応募したことがきっかけです。 応募にあたり
お寿司に名前をつけなければならず、久保川のおばちゃんたちは
山にある身近なものばかりで作ったので、「田舎ずし」と命名しました。
そのコンクールに入賞したことをきっかけに、レシピを作り配布し、
県内外で広く認知されるようになりました。 過去にはロサンゼルスで実演したり、
「美味しんぼ」高知版に掲載されたり、ほか、講演会などの講師も務めてきました。
これが、津野町・久保川地区が田舎ずし発祥の地と言われるゆえんです。

そんな、伝統ある津野町の田舎ずし。
元気いっぱいなおばちゃんたちと一緒に実際に作ってみませんか?
準備から片付けまで約2時間程度の楽しいお料理体験。
具材は事前に下ごしらえしているので、体験はお寿司を握るところから始めます。
自分で握ったお寿司は、その場で食べられます。
手作り味噌の味噌汁もセットとなっていますので、
1人前で十分お腹がいっぱいになりますよ♪

希望日の2週間前までに要予約。
体験料は1名2,500円(税込み)で、5名からの受け入れとなります。

見た目も鮮やかでかわいらしい、手間暇かけた高知の伝統食を、
ぜひ一度、作って食べてみてください。

お申し込み・お問い合わせ先は
久保川生活改善グループ 岡ア 090-1323-5940 まで。
posted by hi-six at 00:00| 津野町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月25日

1月25日(水)日高村

寒い日が続いていますが、日高村では冬でも体験可能なメニューがあります

まずは「説法体験」。 
日高村にある護国寺のご住職に人生相談をしてみませんか?という、
ちょっと変わった体験メニューです。人生のちょっとした道筋や
仏様の有難い教えを聞くことで、ふっと心が軽くなるかもしれません。 
人間関係の悩みやどことなく寂しいなど、現代社会に生きている中での悩みや
叶えたい夢などあなたにあった説法をします。
仏教のことについても分かりやすくお伝えします。
こちらのメニューは龍馬パスポート対象の体験メニューとなっており、
スタンプを集めている方にもおすすめです。

そして、県内最大級の湿地帯「めだか池」で行う湿地帯散策ガイドツアーも
この時期は渡り鳥が集まる鳥の聖地となっており、おすすめです。
また、2/12、3/12には鳥の先生をむかえて ガイド付き野鳥観察を開催します。
参加料1000円(双眼鏡持参の方は500円)で事前申し込みが必要です。

詳しくは、日高村観光協会 050-3204-1996まで
また、Twitter、Instagram、Facebook、noteなどSNSでも
日高村の観光情報を発信中です。 ぜひチェックしてみてください!
posted by hi-six at 00:00| 日高村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする