2022年05月19日

5月19日(木)津野町

皆さんはおいしいお茶の条件をご存知ですか??
おいしいお茶の条件として、水はけがよい、昼夜の寒暖差が大きい、
霧が発生しやすい、山に囲まれた山間地というのがあります。

津野町はこの条件を兼ねそろえた産地で、
特に「つの茶」はうまみ成分が多く
まろやかな味が特徴です。

そんな津野町の自然が生み出した「つの茶」の新茶が
津野町の直売所、「道の駅 布施ヶ坂」、
「風車の駅」で販売されています!

四国カルストのふもとであり、四万十川源流点のある場所
津野町で大事に育てられた「つの茶」。 
みなさん是非ご賞味ください。

また、直売所では新茶だけでなく、津野町の農家さんが作った
新鮮な野菜も販売されています。

エンドウ豆やスナックエンドウといった豆類に加え、
ハナニラ、らっきょう、梅といった
さまざまな野菜が店頭に並んでいます。

津野町の特産品である「つの茶」と新鮮な津野町の野菜を
味わいにぜひお越しください♪

「道の駅 布施ヶ坂」に関するお問い合わせは 0889-62-3225。
「風車の駅」に関するお問い合わせは 0889-55-2570 までどうぞ!
posted by hi-six at 00:00| 津野町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月31日

3月31日(木)津野町

葉山(はやま)龍馬を愛する会が主催する「龍馬と歩こう脱藩の道」。
勤王の志士・坂本龍馬が脱藩した道として知られる 
佐川町から津野町永野までのおよそ12kmを“脱藩道”としており、
毎年、子供からご年配の方まで、
たくさんの龍馬ファンに歩いて頂いております。

今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
イベントの開催はありませんが、
朽木峠(くちきとうげ) 及び 脱藩広場から 
津野町三間川(みまがわ)に下る道を
自由に歩いていただけるよう整備します。
実施期間は、3月19日(土)〜4月3日(日)まで。
お申込みは不要で、参加料などもありません。

注意事項として、脱藩広場までの道は舗装していますが
道幅も狭いので譲り合いをお願いします。 
また路面の凍結にご注意ください。

津野町の美しい風景と道中に咲く菜の花やレンゲといった
春の花もお楽しみいただきながら、
龍馬が歩いた道をぜひ皆さんも歩いてみてください。

「第32回龍馬と歩こう脱藩の道」に関するお問い合わせは、
津野町役場産業課 0889-55-2021まで。
posted by hi-six at 13:16| 津野町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月01日

2月24日(木)津野町

津野町船戸地区にあります 集落活動センター「ふなと」では、
四万十川源流水で一からつくる
「船戸(ふなと)田舎豆富づくり」を体験することができます。

ちょっと硬いのが船戸の伝統的な田舎豆富。
昔から船戸地区には数件の豆富屋さんがありましたが、
高齢化により、残念ながら無くなってしまいました。

現在は地元の豆富づくり名人たちが 
地元ならではの固くて濃い味の豆富を
受け継ぎたいとの思いで活動しています。

大豆から豆乳をしぼり豆富ができるまでの約2時間の体験です。
体験の途中には四万十川源流水から作った濃厚なできたて豆乳や
おからパウダーを使ったおからドーナツを味わうこともできます。

定員5〜10名、体験料金は1,000円。
豆富とおからをお持ち帰りいただけますので 
保冷バックをお持ちください。

その他、船戸の田舎豆富は、津野町にあります道の駅布施が坂、
高知市にあります満天の星アンテナショップにて販売を行っております。

四万十川源流水を使った船戸の田舎豆富♪
家族や仲良しグループで、自然に囲まれながら作ってみませんか。

受付は9時〜14時。 
体験希望日の3日前までに電話でお申し込みください。

お問い合わせは 集落活動センター「ふなと」 0889−43−9771まで。
posted by hi-six at 11:26| 津野町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする