2018年09月26日

9月24日(月)北川村

本日は「中岡慎太郎館」で開催中の企画展をご紹介します。

現在、「中岡慎太郎館」では
10月29日(月)まで、
企画展「収蔵品でたどる幕末維新史
−禁門の変から西南戦争まで―」を開催しています。
中岡慎太郎館の所蔵品から幕末維新期の事件等を振り返り、
明治維新とは何かを問う展示の第2弾です。

明治維新から150年。
新国家設立の経緯や、中央集権化が進んだことで、
武士による支配が終わりをつげた理由を、
瓦版(かわらばん)や古文書、錦絵など幕末維新関連の収蔵史料を用いて、
禁門(きんもん)の変から西南戦争までの歴史をたどりながら紹介しています。


企画展「収蔵品でたどる幕末維新史
−禁門の変から西南戦争まで―」
開催は 10月29日(月)まで。
開館時間は 午前9時から午後4時30分までで、
入館は午後4時までとなっています。
休館日は火曜日で、
火曜日が祝日の場合は翌日、水曜日が休館となります。
入館料は、一般500円、小中学生300円です。

みなさまのお越しをお待ちしております。
posted by hi-six at 21:10| 北川村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする