2016年03月11日

3月11日(金)仁淀川町

仁淀川町には
桜の見どころが町内各地にあります。

その名も「桜(さくら)地区」にあるのが「ひょうたん桜(ざくら)」。
樹齢 およそ500年の大木に
数多くの小さな花が見事に咲き乱れる、この「ひょうたん桜」。
正式名は「エドヒガン」といい、
つぼみの形が「ひょうたん」に似ていることから
「ひょうたん桜」と呼ばれるようになったそうです。

見頃は3月下旬から4月上旬。
地域の方々が丁寧に手入れをし、代々守ってきた風景をぜひご覧下さい。

見頃の時期になると売店が登場し、
地域の方々手づくりの「うどん」や「おまんじゅう」、
「さくらゼリー」などが販売されますので
、お花見をしながらお楽しみください。


「ひょうたん桜」までの道中は
道幅が大変狭いため、車でお越しの際はご注意ください。
混雑が予想される土曜日・日曜日は、交通整理を実施します。
渋滞緩和のため順路を設けていますので、
ご協力をお願いいたします。

仁淀川町には、
そのほかにも、
高瀬(たかせ)地区 船野(ふねの)、
別枝(べっし)地区生芋(せいそう)にも
美しく花を咲かせるひょうたん桜があります。
こちらもあわせてお楽しみください。

町内各地の桜の開花が始まり次第、
仁淀川町のホームページにて開花情報を随時掲載します。

仁淀川町の桜情報の詳しいお問い合わせは、
仁淀川町役場 産業建設課
0889-35-1083までどうぞ。
posted by hi-six at 07:00| 仁淀川町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする