2019年06月14日

6月17日(月)北川村

中岡慎太郎館では、

6月30日(日曜日)まで、企画展

「民衆が見た幕末維新ニュース−錦絵・瓦版−」を開催中。

慎太郎館が所蔵する原物資料、

全29点の錦絵・瓦版を展示し、

幕末の人々が関心を抱いた

世の中の動きをご紹介します。

詳しくは慎太郎館0887-38-8600まで。



次は、北川村温泉からうれしいお知らせです。

北川村温泉ゆずの宿は、おかげさまで6月26日に

リニューアルオープン1周年を迎えます。

6月30日(日)には1周年を記念し、感謝祭を開催。

当日は感謝の気持ちを込めて、日帰り入浴が無料!

北川村の美味しい食べ物や

おしゃれでかわいいお店も登場します。

15時からは温泉の駐車場にて餅まきもあります。


開催場所は北川村温泉ゆずの宿。

6月30日、11時からオープンです。

みなさまのお越しをお待ちしています。

詳しくは北川村温泉のHPをご覧ください。

posted by hi-six at 15:57| 北川村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月14日(金)安田町

6月16日(日)、安田川で

「第33回 ダイワ 鮎マスターズ 2019 

四国地区大会」が開催されます。


昨年に引き続き開催される 今大会には

四国地区をはじめ関西や中国地方から集まった 

およそ140名が参加。

制限時間内で、釣った鮎の数を競う大会で

成績上位の選手には、

「西日本ブロック大会 出場権」が与えられます


予選は午前7時から始まり、

ブロック大会 出場者決定戦は 12時から。

結果発表と表彰式は 午後2時30分から行われます。


会場となる安田川は「清流めぐり 利き鮎会」で

2度のグランプリを受賞するなど、

全国トップクラスの鮎を育む川です。

良質な苔を食べて育った鮎は 

香りや食感など、高い評価を受けています。


そんな 清流・安田川で開催される

「第33回 ダイワ 鮎マスターズ 2019四国地区大会」

開催は 6月16日(日)です。

鮎との1対1の真剣勝負に、ぜひご期待ください!


お問い合わせは、

安田町役場 経済建設課 

0887-38-6714 までどうぞ。

posted by hi-six at 15:54| 安田町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月13日(木)津野町

津野町の道の駅 布施ヶ坂では

地元・津野町の食材を使った

珍しいアイスクリームを販売しています。


今の時期は、

しそ、よもぎ、えごま 等のアイスが食べ頃で、

他にも何種類ものアイスクリームがあり、

その中からお好きな味をお選びいただけます。


そして現在、6月30日までの期間限定で

お好みのアイスクリームにかぶせ茶を無料でトッピングできる

お得なキャンペーンをおこなっています。


気軽にお茶のテイストを楽しむことができるだけでなく、

四万十川源流で育った

お茶の香りを贅沢に感じることができます。


これからの暑い時期にぴったりなアイスクリーム!

色々な組み合わせを試しながら、

自分のお好みの味を探してみませんか。

是非 津野町ならではのアイスクリームを食べに来てください。


道の駅 布施ヶ坂は

津野町船戸にある197号線沿いの道の駅です。


詳しいこと・お問い合わせは

津野町 道の駅 布施ヶ坂

0889―62―3225 まで。

posted by hi-six at 15:52| 津野町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月12日(水)四万十町

四万十町打井川の「海洋堂かっぱ館」が

7月13日、リニューアルオープン!

世界中から1700体以上のかっぱが集まる不思議な館で、

新しいかっぱの物語が始まります。 お楽しみに!


リニューアルに伴い、

6月4日から7月12日までは休館させていただきます。

詳細は海洋堂かっぱ館 0880−29−3678まで。



6月30日(日曜)、四万十町興津海水浴場で、

海開きイベント「マリンフェスタ興津2019」を開催します。

毎年恒例のビーチバレー大会をはじめ、

ビーチフラッグやサンダル飛ばしなどビーチゲーム、

またシーカヤックやSUPなどのマリンスポーツ体験などを

楽しめます。今年はペットボトルでボートを作り

海に浮かせて乗る体験も。

こちらは5組限定で当日受付をします。

地元のおいしいモノが食べられる屋台の出店もございます。

詳しくは、四万十町観光協会 

TEL 0880-29-6004までお問合せください。

posted by hi-six at 15:42| 四万十町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月11日(火)いの町

いの町小川高岩にある

「天然の湯 吾北むささび温泉」には、

各種効能のある温泉や、サウナ・歩行浴・アクアビクス・

トレーニングルーム・休憩室・マッサージルームがあります。


料金は、入浴が600円・歩行浴が300円、

入浴と歩行浴の両方では800円です。

また、小学生以下は半額、3歳以下は無料です。

高齢者手帳や各種障害者手帳をお持ちの方は

割引となりますので、

受付で手帳をご提示ください。


「天然の湯吾北むささび温泉」は

JRいの駅から仁淀川沿いに

国道194号線を北へ24キロ、

高岩トンネルの近くです。

営業時間は通常

午前10時から午後9時までとなっています。

木曜日が定休日となっていますのでご注意ください。

詳しいお問い合わせは、

電話088−867−3105までどうぞ!



いの町吾北地区清水で、小川のせせらぎを

聞きながら新しい生活をはじめてみませんか? 


いの町清水土居の「清水団地」。

ここは自然環境に恵まれたところで、子育て世代の方や

退職後にのんびりした田舎暮らしを望む方にお薦めです。


申し込み資格としては、

自ら住宅を建設するために土地を必要とし、

土地の引渡し後3年以内に

住宅の建築ができる方など となっています。

興味のある方は、一度現地をご覧ください。


なお、詳しいことお問い合わせは、

いの町吾北総合支所産業課

TEL088−867−2313までどうぞ!

posted by hi-six at 15:40| いの町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月10日(月)北川村

中岡慎太郎館では、6月30日(日曜日)まで、企画展

「民衆が見た幕末維新ニュース−錦絵・瓦版−」を開催しています。

錦絵や瓦版はいまでいう、写真週刊誌や号外のようなもの、

人々にとっては重要なメディアでした。

慎太郎館が所蔵する原物資料、全29点の錦絵・瓦版を展示し、

幕末の人々が関心を抱いた世の中の動きをご紹介します。

幕末にタイムトリップした気分でご覧ください。

詳しくは慎太郎館0887-38-8600まで。


次は、北川村「モネの庭」マルモッタンからです。

いま園内ではバラと共に色とりどりのお花が咲いています。

6月が見頃のお花としましては、雨が良く似合う紫陽花や

温帯性の睡蓮、ユリ、そしてモネも絵に描いた

アガパンサスがお楽しみいただけます。

モネがいちばん好きだったといわれる

淡いクリーム色のツルバラ「マーメイド」も

いま花の庭で見頃を迎えています。

水の庭では赤や白、黄色、薄いピンクの睡蓮が

美しく水面をいろどり、

みなさまをお待ちしています。

睡蓮は午後になると

花を閉じはじめてしまいますので、

午前中の来園をおすすめします。

モネの庭は、6月末まで休まず開園しています。

ぜひこの時期ならではのお庭をお楽しみください。
posted by hi-six at 15:37| 北川村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする