2019年02月28日

2月28日(木)津野町

津野町では
国の選定文化財に指定されている
「四万十川流域の文化的景観地域」で
「四万十街道ひなまつり」を開催しています。

津野町の風土が育んだ特徴的な景観である地域において
様々なおひな様が飾られています。

一般的なひな壇飾りだけではなく
その地域古来から伝わる素朴で味わい深い
おひな様の鑑賞や
地域の特産品、手作り小物の販売など
それぞれの地域で用意しております。

津野町内で開催の「四万十街道ひなまつり」は
郷地域の「農家食堂イチョウノキ」が
2月23日(土)から3月3日(日)まで
芳生野地域の「吉村虎太郎生家」、
船戸地域の「旧船戸幼稚園」、
永野地域の「片岡直輝・直温生家」、
白石地域の「集落活動センターしらいし」では
3月1日(金)から3月10日(日)まで の開催です。

展示場や時間についてなど
詳しいことは「津野町」のホームページをご覧ください。

展示場所の近くには
食事をとることのできる施設もありますので、
ぜひ 津野町に足をお運びください。
posted by hi-six at 07:00| 津野町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

2月27日(水)四万十町



2月9日から4月15日まで
四万十町、梼原町、津野町、中土佐町、四万十市、愛媛県鬼北町、松野町 で
『四万十街道 ひな祭り』が開催されています。
四万十川流域の文化的景観とともに
それぞれの地域ならではのお雛様やひな祭を楽しんでいただきたいとはじまったこのイベントも今年12回目を迎えます。
里山や川辺、海岸部の景観の中に「ひな人形」を飾り、各地で多彩な展示やイベントが行われます。
四万十町では、
3月3日は岩本寺で抹茶やスイーツが楽しめる「甘味寺」、
3月24日は大正中津川地区で「ひな祭バイキング」
などのイベントが開催されます。
この他にも、それぞれの地域で、様々なイベントが開催されます。
また、地域により開催期間も異なりますので、詳しくは四万十町観光協会までお問合せください。


海洋堂ホビー館四万十で、3月9日から6月3まで
「海洋堂ホビー館四万十7周年×北斗の拳35周年特別企画
『北斗の拳フィギュア列伝』」が開催されます。

週刊少年ジャンプで1983年から1988年まで連載された「北斗の拳」。
今回の展示会では、海洋堂製の「北斗の拳」関連フィギュアをはじめ、
劇中を再現したジオラマ作品のほか、
原哲夫氏の複製原画などを展示します。
連載開始から35年を経た
今なお愛され続ける「北斗の拳」の世界を二次元・三次元でお楽しみいただけます。
また期間中、関連イベントとして四万十町周遊企画「春の四万十周遊百裂拳」が開催されます。
詳細は四万十町観光協会のHPでごらんください。

posted by hi-six at 07:00| 四万十町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

2月26日(火)いの町

3月2日(土)と3月3日(日)に
『いの町 かみのひなまつり』が開催されます。
いの大国さまからいの町紙の博物館までの商店街を会場に、
『ひな祭り』をテーマとした『紙』を使った作品の展示や
子ども雛パレード、和紙飛行機コンテスト、
いの町特産品市など、
見て、参加して、味わって、一日中楽しむことができるイベントです。
ぜひ、皆様お誘いあわせのうえ、お越しください。

詳しいお問い合わせは、
いの町観光協会TEL088―893―1211までどうぞ!





いの町吾北地区清水で、
小川のせせらぎを聞きながら
新しい生活をはじめてみませんか? 
いの町清水土居の「清水団地」。
ここは自然環境に恵まれたところで、
子育て世代の方や
退職後にのんびりした田舎暮らしを望む方にお薦めです。
申し込み資格は、自ら住宅を建設するために土地を必要とし、
土地の引渡し後3年以内に住宅の建築ができるかた等となっています。
興味のある方は一度現地をご覧になってください。
なお、詳しいことお問い合わせは、
いの町吾北総合支所産業課
TEL088−867−2313までどうぞ!
posted by hi-six at 11:55| いの町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする