2019年01月04日

1月4日(金)安田町

人と暮らしを輝らし、
交流するスペース「輝るぽーと安田」には、
安田町の美味しいものが、たくさん集まっています。

「土佐の元気市」は、
その名の通り、地元農家で毎朝とれた新鮮な野菜や、
お弁当、お惣菜、日用雑貨、特産品など、
安田町のおいしいものや、
県東部のお土産が揃う元気なマルシェです。

実演販売では、
粒あん・白あんが美味しい名物「大判焼」や、
地元産の牛乳をふんだんに使った
ソフトクリームなども人気です。
ゆずシロップのかかったソフトクリームや、
ほろ苦いコーヒーのかかったエスプレッソソフトは、
大人の方にとても人気のスイーツです。


また、12月3日にオープンした
「安田の茶屋」では、
昼はランチメニュー
夜は居酒屋風のメニューを提供しています。
午後2時から4時は、憩いタイムとし
お一人様1ドリンクのご注文で、自由に利用できます。
この時間は、持ち込み可能ですので
元気市で買ったものを、食べることもできます。
太平洋を眺めながら、是非おくつろぎください。

「土佐の元気市」は、
1月5日からは通常営業となり
午前8時半から午後6時
また、実演販売は午前9時から午後5時となっています。

「安田の茶屋」は、
1月7日
午前11時半からの通常営業となります。
posted by hi-six at 16:08| 安田町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月3日(木)津野町

皆様、あけましておめでとうございます。

津野町にあります、
「道の駅 布施ヶ坂」と、
国道197号線沿い、風車の羽根が目印の「風車の駅」は、
1月2日から通常通り営業しています。

「道の駅 布施ヶ坂」では、満天の星特製 豚の角煮を使用した「角煮ラーメン」や、
地元漁師が捕獲した猪の「ししカツみそラーメン」が人気となっており、
「風車の駅」では、地元産の土佐ジローの溶き卵を使った「鶏卵そば」、
満天の星で作られた特製辛みそと塩だれを使った「豚バラ辛みそうどん」が
人気です。

また、両店とも お土産コーナーには、
「満天の星」の人気スイーツをたくさん取りそろえています。

寒い冬に
津野町の自慢の味で、心も体も温まってみてはいかがでしょうか?

津野町 「道の駅 布施ヶ坂」へのお問い合わせは
0889−62−3225

「風車の駅」へのお問い合わせは
0889−55−2570までお願いいたします。

本年も津野町をよろしくお願いいたします。
posted by hi-six at 16:06| 津野町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月2日(水)四万十町

海洋堂ホビー館四万十で「『海洋堂宮脇センムの蔵出し!プラモ道』連載100回記念と プラモ60周年 大展示会」が開催されています。
海洋堂の宮脇センムが2010年にフィギュア専門雑誌「フィギュア王」で始めた連載100回を記念した企画。これまでに掲載された、陸・海・空その他のモケイから、見たことも聞いたこともないような貴重な名作・珍品モケイのコレクションを展示しています。併せて、第58回全日本模型ホビーショーで展示された海洋堂協力の「国産プラモデル誕生60周年記念展示」も展示し、プラモデルの歴史を紹介しています。
期間は2月11日まで。
詳しくは海洋堂ホビー館四万十のホームページをご覧ください。

1月13日(日)、道の駅あぐり窪川で、
「第2回豚とんフェスタ(トントンフェスタ)」が開催されます。
「炭火焼き米豚丼」や「豚串」、「豚まん」、「豚汁」などバラエティ豊かな四万十ポークが集結。デュロックファームのサイコロステーキ肉の販売や豚まん大食いコンテストも開催されます。また、移動動物園「ブレーメン」やジャズバンド「フェアリーピッタジャズオーケストラ」も登場します。

1月14日(月)、
四万十町窪川の 窪川四万十会館で、「新春 しまんとカラオケグランプリ」が行われます。
歌自慢が集う大会、どなたでも観覧自由なので、ぜひお越しください。
詳しくは、窪川四万十会館 TEL0880-22-4773まで。
posted by hi-six at 16:02| 四万十町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする