2018年11月05日

11月5日(月)北川村

北川村「モネの庭」で開催中の企画展をご紹介します。

「モネの庭」では
12月10日(月)まで、
企画展「印象派と浮世絵のボタニカルアート展」を開催しています。
同じ時代に活躍した北川村出身の幕末の志士・中岡慎太郎とクロード・モネ。
2人が生きた時代の移り変わりを軸にした企画展の第3章となっています。
中岡慎太郎が興した明治開国の第1歩として、
日本はパリ万国博覧会に参加します。
そこに出展された浮世絵は、人々にとって驚きのものでした。
浮世絵に魅せられたモネは
フランスジヴェルニーに庭園「モネの庭」をつくり、
新しい絵画の世界を切り開きます。
展示では、モネがテーマとした花々や
自然の移ろいなどの絵と、
印象派と浮世絵の関連性を美しいパネルやバナーでご紹介しています。
目で見て感じる展示会にぜひお越しください。
企画展「印象派と浮世絵のボタニカルアート展」
開催期間は12月10日(月)まで。
開館時間は 午前9時から午後5時までで、
入館は 午後4時30分までとなっています。
 休館日は火曜日です。
posted by hi-six at 07:00| 北川村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月5日(月)北川村

北川村「モネの庭」で開催中の企画展をご紹介します。

「モネの庭」では
12月10日(月)まで、
企画展「印象派と浮世絵のボタニカルアート展」を開催しています。
同じ時代に活躍した北川村出身の幕末の志士・中岡慎太郎とクロード・モネ。
2人が生きた時代の移り変わりを軸にした企画展の第3章となっています。
中岡慎太郎が興した明治開国の第1歩として、
日本はパリ万国博覧会に参加します。
そこに出展された浮世絵は、人々にとって驚きのものでした。
浮世絵に魅せられたモネは
フランスジヴェルニーに庭園「モネの庭」をつくり、
新しい絵画の世界を切り開きます。
展示では、モネがテーマとした花々や
自然の移ろいなどの絵と、
印象派と浮世絵の関連性を美しいパネルやバナーでご紹介しています。
目で見て感じる展示会にぜひお越しください。
企画展「印象派と浮世絵のボタニカルアート展」
開催期間は12月10日(月)まで。
開館時間は 午前9時から午後5時までで、
入館は 午後4時30分までとなっています。
 休館日は火曜日です。
posted by hi-six at 07:00| 北川村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする