2018年09月26日

9月26日(水)四万十町

海洋堂ホビー館四万十と海洋堂かっぱ館では
10月1日から31日まで、ハロウィンイベントが開催されます。
期間中、仮装して来館された方には
ホビー館、かっぱ館、各館で入館料が1割引きになります。
また、ホビー館では、ハロウィン限定のジオラマ造りや、
プラスチックの板「プラバン」でお化けストラップ、
もしくはかぼちゃのブローチを作るプラバン教室が開催されます。
どちらも随時体験可能です。
かっぱ館では、期間中の土・日・祝日に、
オリジナル粘土キャンドル作りを体験することができます。
自分だけのハロウィンキャンドルを作ってみませんか?
詳しくは、海洋堂ホビー館四万十までお問合せください。

10月7日(日)、
四万十町の四万十緑林公園で、
19回目となる、四万十手仕事市が開催されます。
アクセサリーや小物、雑貨、工芸品、スイーツ、ドリンクなど、
バラエティ豊かな66店舗が出店します。
時間は午前10時から午後3時まで。
詳しくは四万十手仕事市実行委員会 TEL080-5663-0806までどうぞ!

同じく10月7日(日)、
道の駅あぐり窪川で、
「しまんと生姜 収穫祭」が開催されます。
四万十町は生姜の生産量日本一。
イベントでは、掘りたての生姜の量り売りや試食、
生姜を高く積み上げる生姜積み競争、
プレミアムしまんと生姜焼き丼の販売、
ノンジャエールの特売、新米の仁井田米の特売など、
楽しくてお得な催しが行われます。
時間は午前10時から午後3時まで。
詳しくは道の駅あぐり窪川までどうぞ。
posted by hi-six at 21:18| 四万十町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月25日(火)いの町

9月29日(土)
仁淀川波川公園と河原周辺で
「土佐の豊穣祭 神楽と鮎と酒に酔うin仁淀ブルー」が開催されます。

幻想的な竹灯りに彩られた秋の仁淀川を舞台に、
和太鼓やバンドの演奏、
仁淀川の伝統漁法である火振り漁など
盛りだくさんの内容となっています。
また、仁淀川流域のおいしい物市も開催されます。
食べて、見て、聴いて楽しめる充実のイベントに
ぜひご来場ください。
開催日は9月29日(土)
場所は、国道33号 仁淀川橋下の仁淀川波川公園と河原周辺です。
時間は、午後3時から午後8時30分までとなっています。
お問い合わせは、仁淀川神楽と鮎と酒に酔う実行委員会
TEL088―893―1211までどうぞ

いの町小川高岩にある「天然の湯 吾北むささび温泉」には、
各種効能のある温泉や、
サウナ・歩行浴・アクアビクス・トレーニングルーム・
休憩室・マッサージルームがあります。
料金は、入浴が600円・歩行浴が300円、
入浴と歩行浴の両方では800円です。
また、小学生以下は半額、三歳以下は無料です。
高齢者手帳や各種障害者手帳をお持ちの方は割引となりますので、
受付で手帳をご提示ください。
「天然の湯吾北むささび温泉」は
高岩トンネルの近くです。
営業時間は午前10時から午後9時までとなっています。
定休日は木曜日です。
詳しいことお問い合わせは、
電話088−867−3105までどうぞ!
posted by hi-six at 21:15| いの町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月24日(月)北川村

本日は「中岡慎太郎館」で開催中の企画展をご紹介します。

現在、「中岡慎太郎館」では
10月29日(月)まで、
企画展「収蔵品でたどる幕末維新史
−禁門の変から西南戦争まで―」を開催しています。
中岡慎太郎館の所蔵品から幕末維新期の事件等を振り返り、
明治維新とは何かを問う展示の第2弾です。

明治維新から150年。
新国家設立の経緯や、中央集権化が進んだことで、
武士による支配が終わりをつげた理由を、
瓦版(かわらばん)や古文書、錦絵など幕末維新関連の収蔵史料を用いて、
禁門(きんもん)の変から西南戦争までの歴史をたどりながら紹介しています。


企画展「収蔵品でたどる幕末維新史
−禁門の変から西南戦争まで―」
開催は 10月29日(月)まで。
開館時間は 午前9時から午後4時30分までで、
入館は午後4時までとなっています。
休館日は火曜日で、
火曜日が祝日の場合は翌日、水曜日が休館となります。
入館料は、一般500円、小中学生300円です。

みなさまのお越しをお待ちしております。
posted by hi-six at 21:10| 北川村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする